--- ED16 ---

国産初期の電気機関車で、昭和6年に合計18両が製造された。
当初は中央線、上越線などの勾配区間用に投入され、最後は全機青梅線に集結し、
昭和58年にEF64にバトンタッチして引退するまで、石灰石輸送に活躍した。

私が訪れた昭和50年代の前半は、もう晩年ということになるが、
その頃には、既にED16より後輩のD51などの蒸気機関車は全廃され、
EF13・15などのいわゆる旧型電気機関車の淘汰が進められる中、
昭和ヒトケタ生まれのED16が、1両も欠けることなく活躍する姿は、
奇跡的、感動的ですらあり、私に限らず多くのファンを集めていた。
なお、引退後、1・15号機が、青梅鉄道公園などに保存されている。
(2015年6月27日一部修正)

ED16諸元

製造年  昭和6年
製造所  1〜3・13〜15号機:三菱電機
       4・5・10〜12号機: 日立製作所
       6〜9号機:      汽車会社・芝浦製作所
       16〜18号機:    川崎造船・川崎車両
全 長  15,360mm   全 高   3,940mm   全 幅   2,810mm
重 量  76.8t
出 力  900Kw